2012-07-21 VR学会誌 Vol17 No.2 が届いた!

日本バーチャルリアリティ学会から、ちょっと前に書いたインタラクション2012の参加報告が載った学会誌が届いた


日本バーチャルリアリティ学会誌 Vol.17 No.2 2012 会議参加報告という項目に載ったようです
なんと、図書カードも頂きました、ありがとうございます!

ちなみに、Web上でも公開されているみたいです
日本バーチャルリアリティ学会 » インタラクション2012 参加報告
インターネットで検索して自分の名前が出てくるのはなかなか面白いものですね




今回の特集は「VRと美容」でした

女の私にとって、「うーむ、たしかに」と言ってしまう内容がちらほら


・化粧の出来で気分が変わる
  はい、そうです・・・
  ちなみに服のコーディネートの優劣や髪の毛のハネ一つでも変わります  

・男性より女性の目線・評価が気になる
  これも当てはまります
  出かけるとき、相手が女性の場合の方が気合入れていきます(笑)
  だって、同性に認められるって簡単じゃないですから
  女性はそこらへんの評価シビアです、かわいい・きれいになったね、となかなか言ってくれません
  その分頑張っておしゃれして褒められたに日は、
  男性に言われる時の何十倍も嬉しさとある種の達成感を得られます



私は、化粧とは、一種のマインドハックだとおもっている

化粧に限らず、好きな服やヘッドフォンなどのアイテムを身に付けることも同じで

自分に何かをプラスすることは、理想へ近づく第一歩で、
プラスされることでどんどん自信がついて、元気に、明るく、前向きになれる
好きな音楽を聴いてテンション上がるのとはまた違って、持続性があるというかなんというか


結局は自己満足なんだけど
世界を生きるのが、もっともっと楽しくなるスパイスというカンジですね