Sapporo RubyKaigi 2012に参加しました

Sapporo RubyKaigi 2012に参加してきました
9/14(金)〜9/16(日)の三日間行われ、会場はOSC'12 Hokkaido と同じく札幌市産業振興センターでした



今回、島田さんのご厚意により、株式会社 えにしテック様のスポンサー枠で参加させて頂きました
本当に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです.ありがとう御座いました!





さて今回、レポートを書こうと思いましたが、個人的な感想を書きたいと思います








この会議を振りかえって思うこと

Rubyの技術的なことを学んだ、というよりは、
コードを書く者としてのエッセンスを頂いた、と感じています




伝えることを意識してコードを書くことや
何かをつくっていくことの楽しさを忘れない
そのためには
コードや共に歩く人たちとの、日々の向き合い方を今一度考えてみる



当たり前で大切なことだけれど、毎日の忙しさに埋もれてしまいがちなことです
これは、どの仕事をしている人においても忘れちゃいけないことだなと思います








私はまだ、コードで伝えるということがうまくできないので、ここでは日本語で書いています
正直、発表された内容でわからないことが山ほどありました


でも、気軽に相談してね、と言ってくださる方々も周りには沢山いて
今まで黙々と一人でコードを書いていた私にとって衝撃的でした
非常に心強く、そして有り難い環境に居させてもらっているのだと、常々感じています

Rubyコミュニティの繋がりの強さも垣間見ることが出来たと思います





また、自分が将来どういう風になりたいか、どんなことをして生きていきたいかについても考えるきっかけになりました


1年半後には私はどこかに就職して、きっとコードを書いていると思います
その時、この会議で伝えて貰ったことを覚えていたいし、これから来る人たちにも伝えていきたい
日々手探りで進んでいるこの世界をもっと楽しみたい!


そのためにはまず、手を動かします!!
幸い、コーディングは大好きなのでもっともっと動かします!!(笑)



The way to get started is to quit talking and begin doing.



やっぱりこれですね
何気ない日常の中に楽しさはあります
仕事も遊びも、その瞬間、何かを学んでいることは確かなんです

それを形にして共有したときみんなが幸せになれたら嬉しいし、
自分一人だけのためにつくったものでも、
将来、誰かがそれを見つけて新しいものづくりのステップに繋がったら素敵ですね








なんだか偉そうなことを書いてしまっている気がしますが、
自分への戒めのためにもここに残しておきます(笑)






最後に、札幌Ruby会議2012にご参加・ご協力されたすべての皆様、
並びに、OSC'12 Hokkaido でぼっちな私を温かく迎え入れ、たくさんの人との出会いを繋いでくださった皆様、
そして8年前、コードというものを初めて見せてくれた名も知らない画面の向こうの人

心より感謝、御礼申し上げます.



特に、スタッフの方々、懇親会や会議の休憩中に時間を共有して下さった方々、本当にありがとう御座いました!


今回なにも協力できなかったので、次回は是非スタッフとして参加したいと思っております.
今後とも、どうぞよろしくお願い致します.







さーて、作業するか!


                                                                                                                                                                                                              • -

TLを見ていると、札幌Ruby会議についてまとめて下さっている素晴らしい方々が沢山いらっしゃるので、
随時リンクを貼らせて頂きたいなとおもいます…!(い、いいのかな…ドキドキ)

関連サイト
Sapporo RubyKaigi 2012 (札幌Ruby会議2012)