読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux/UNIXの勉強メモ6 PHP ソースコードを入手してビルド・インストール

PHPyumを使わないでビルド・インストール

 

PHPの公式ページから必要なバージョンのものをインストール。

php-5.6.4

# cd /usr/local/src

# wget http://jp1.php.net/get/php-5.6.4.tar.gz/from/this/mirror

# tar zxf php-5.6.4.tar.gz

# cd php-5.6.4

 

INSTALLを参考にインストール手順を追う。

# ./configure

 

なんかのライブラリが足りないと言われた。ので、ここはyumでインストールで入れた。

# yum install libxml2 libxml-devel 

develはdeveloperの略。C言語でいうヘッダー?みたいなのが入っているらしい。コンパイルに必要なライブラリらしい。これがないとコンパイル出来ないのか。じゃあライブラリを独自に作りたい人はここを書き換えるんだな。

 

あと勉強でpostgresqlを使いたいので、--withで入れておく。それからもいっかいconfigureしてみる。

そのまえに--with-postgresqlと書いたら怒られたのでhelpで確認してみる。

ここにはconfigureのオプションについていっぱい説明が書いてある。

# ./configure --help|grep pgsql

 

なんかpgsqlについては2つあった。PDOというのは、PostgreSQLデータベースにアクセスするためのインターフェースを実装したドライバらしい。これも入れておく。(参照:PHP: PostgreSQL (PDO) - Manual

  --with-pdo-pgsql=DIR   PDO: PostgreSQL support. DIR is the PostgreSQL base

  --with-pgsql=DIR   Include PostgreSQL support. DIR is the PostgreSQL

 

# ./configure --with-pdo-pgsql=/usr/local/pgsql/ --with-pgsql=/usr/local/pgsql/ --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --enable-mbstring=ja

# make

# make install

 

Apacheを起動してみて、phpinfo.phpがみれるか試してみるが、出ない。

調べてみたらlibphp5.soが無い。あとphpinfo.phpもない。configureしたときに作られるはずだが、なんかの条件で作られないことがあるらしい。

参照

PHP5インストールでのlibphp5.soバグ対応

dage.jp » Apache2.2+PHP5.2 完全インストール – part2 – PHPインストール

apxsバグ?なのかな?とりあえずphp-5.6.4を一度消して、configureの条件を変えて再インストールしてみる。

  

# ./configure --with-apx2=/usr/local/apache2/bin/apxs

# make

# make install

 

あ、実行結果を眺めていたらlibphp5.loってでてきた。最後の方でもlibphp5.soってでた。

確認したらapache2/modules/libphp5.soがあった。とりあえず生成できた。

もう一回必要なものをつけてconfigureする。

 

# ./configure --with-pdo-pgsql=/usr/local/pgsql/ --with-pgsql=/usr/local/pgsql/ --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --enable-mbstring=ja

# make

# make install

 

Apacheを起動して、phpinfo.phpを見てみる。

うん、ちゃんと表示された。

 

 

それにしてもなんでlibphp5.soがつくられないんだろう。

バグじゃない気がする。。