読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XAMPP for Mac のインストールと環境設定

前に行ったインストール作業ではいくつか問題が発生してしまったのでメモ。

 

XAMPPのダウンロード

以下のURL先から、Macバージョンをクリック。暫くするとインストーラーのダウンロードが始まる。 

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

 

 

インストール

現行時点でXAMPPのバージョンは5.6.3-0の最新版

xampp-osx-5.6.3-0-installer.dmg がダウンロードされた実行する。

インストーラーが必要になりそうなものを聞いてくるので、適宜欲しいものにチェックをつけてnextを押す。

FinishしたらターミナルからXAMPPを起動する。別にGUIからでもいいけど。

# open /Applications/XAMPP/xamppfiles/manager-osx.app

XAMPPが起動するので、Manage Serversをクリックして、Apache Web Server をStartさせる。

ブラウザを起動してhttp://localhost/xamppへアクセスしてオレンジ色した「ようこそ」ページが開かれていたらOK。

 

 

環境設定

「ようこそ」ページにある「セキュリティ」をクリックするとセキュリティステータスが見れる。初期設定のままだと全てのステータスが要注意となっているので、これを安全なものにする。

※以下、root権限を要求されるので、先にroot権限になっておくこと。

 

セキュリティステータスが書かれていたページの下に、ステータスを安全にする為には、

/Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp security をコールしてください。

と書かれている。

ターミナルを開いて、コールしてみる。

# /Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp security

> Do you want to set a password?[yes] //Enterを押す

> Password: //設定したいパスワードを入力する

> Password(again): //先ほど入力したパスワードを再入力

> Normaly Do you want to change the password anyway?[yes] //Enterを押す

>Done.

Apacheをrestartしてセキュリティステータスのページを更新・確認する。

これでXAMPPページがネット経由でアクセス出来なくなった。

 

次に、MySQLのパスワードを設定する。

# /Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/mysqladmin -u root -p password 設定したいパスワード

> Enter password //Enterを押す

これで全部のステータスが安全に切り替わる。

 

上記の設定だけだとphpMyAdminにアクセスできないので、きちんとアクセスできるように設定を書き換える。

# vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/phpmyadmin/config.inc.php

config.inc.php

$ cfg['Servers'][$i]['password']='さっき設定したMySQLのパスワード'

ここ書き換えて保存する。

ApacheをrestartしてphpMyAdminを開くとちゃんと見れるようになっている。

 

 

ついでにPHPの設定

それぞれ以下のように書き換えた。

# vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/php.ini

php.ini

data.timezone = Asia/Tokyo //ベルリンになっていたので東京にした。

mbstring.func_overload = 0 //関数のオーバーロードはしない設定にした。

default_charset = "UTF-8" //PHPinfoのすすめによりUTF-8を指定した。