Lenovo ThinkPad X220i に Ubuntu16.04 LTS Desktop を入れた

最近は個人ではMacbook Proを使用していたのだけど、せっかくそこそこ良いThink Padを放置するのも宝の持ち腐れだと思い、Ubintu16.04 LTS Desktop を入れることにした。

中にはWindows7が入っていたのだけど、正直使わないのでまるっと削除してすべてをUbuntu色に染めた。


以下、使えるようにするまでの手順のメモ。



UbuntuライブメディアをUSBで作成する

用意するもの:PC, フォーマットしてもいいUSB (2Gあれば十分)

Ubuntuのインストール

  • マシンの再起動をして、BIOSからUSBデバイスを選択する。(私のThinkPadの場合、Enter押したらいけた)
  • 選択するとubuntuのインストールが始まって、セットアップ画面になるので、タイムゾーンとかもろもろ設定していく。セットアップ画面しっかりしてて綺麗。ubuntuめっちゃ頑張ってるなーという印象受けた。

日本語の設定

デフォルトだと日本語が使えなかったので設定変更する必要があった。幸いubuntuのセットアップ時にmozcなど日本語入力に必要なドライバが入ってきていたので、そのあたりは苦労しなかった。

  • desktop右上にあるキーボードアイコン -> 設定 -> 入力メソッドの設定 へ飛ぶ
  • 以下画像左下にあるプラスボタンを押したあと、入力メソッドを検索できるフォームにmozcと入力する
  • mozcを入力メソッドにしてメソッド追加したら、最初から入ってた入力メソッド「キーボード - 日本語」よりも上に持っていく
  • PC再起動する。すると英字/日本語の切り替えができて日本語入力可能になっている


f:id:equal_001:20160718192846p:plain

Chromeを使えるようにする

デフォルトだとFirefoxが入っているのだけど、個人的にChromeが使いたかったので入れた。

$ sudo apt install libappindicator1
$ sudo dpkg -i ダウンロード/google-chrome-stable_current_amd64.deb
  • /opt/google/chrome/ にchrome起動ファイルがあるので実行+Launcherに追加しとく

感想

  • 思ったよりメモリ消費しない。今使ってるノートPCのメモリが4Gなんだけど変に遅くなったりしないしサクサク動作してくれる。chromeにタブ5つくらい開いて、youtubeとか見ても2Gいくかいかないか。ニコ動はもうちょい食うけど許容範囲内。
  • Linuxファイルシステムが普通に使えて最高
  • 充電はMacより長持ちしないのがちょっとつらい
  • ThinkPad軽いなぁ...
  • Kindle for Desktopを頑張って入れないといけないのがちょいと面倒(Windows上なら動くらしいが、Linux版のは無いらしい)